0.2 Amazon スポンサープロダクト 効果 を高める方法

この記事の対象の方

・スポンサープロダクトの目的が良く分かっていない方
・スポンサープロダクト=上位表示ということを理解できていない方

↓やってはいけないAmazonスポンサープロダクト広告 その①
検索キーワードボリュームの多い場所に広告を出せば
売れる、と思っていませんか?

↓やってはいけないAmazonスポンサープロダクト広告 その② 
スポンサープロダクト広告自体で商品を売ろうと思ってませんか?

スポンサープロダクト広告に関する
6つのポイントをまとめました。

非常に大事なことなので、
何度も読み返して腹に落としてください。

Amazonスポンサープロダクト広告 理解すべき6つのポイント

1)検索ボリュームの多い場所に広告を設定すれば売れるようになる
2)検索ボリュームが少ないと売れない
3)とにかくたくさんの場所に表示させるべきだ
4)スポンサープロダクトを打って売上をアップさせたい
5)上位表示させたら勝手に売れる
6)売れる商品を売っていきたいどうしたら良いの?

一つずつ原因を見ていきましょう。


1)検索ボリュームの多い場所に広告を設定すれば
売れるようになる

→検索ボリュームが多い
=自分の商品が売れる場所とは限らない

大事なのは自分の商品が上位表示されること

自分よりも強いライバルが
ひしめく場所では
いくら検索ボリュームが多くても
自分が入れないので、
上位表示が難しいかもしれません。

↓「布団」という検索キーワード結果です。
上位にベストセラーがひしめく場所なので、
上位表示は難しいかもしれません。


2)検索ボリュームが少ないと売れない

→大事なのはコンバージョンすること

検索ボリュームが少なくても、
コンバージョン(成約)できるところであれば、
売れる可能性は高いです。

↓「布団 夏用」という検索キーワード結果です。
「布団」に比べると、
アマゾンランキングの高い競合は
いないので、狙いやすいと予測できます。
(実際は販売個数などをチェックして、
細かく見ていきます。)

自分が「夏用の布団」を扱っている場合、
「布団 夏用」で検索したお客様は
おそらく「夏用の布団」が欲しいと思うので、
コンバージョン率が高いと予想されます。

個人的な意見ですが、
強いライバルがいなければ
少ない検索数でも
売上を上げることができます。

(当然検索ボリューム以上のアクセスは呼べないので、
検索ボリュームが少ないと、
売上自体は少なくなります。)


3)とにかくたくさんの場所に表示させるべきだ

→コンバージョンの良いところに
特化して表示させるべき

広告というと、たくさんの掲載場所に
表示させる方が効果的、
と考える方も多いと思いますが、

スポンサープロダクト広告は
あくまで自然検索の「上位表示」
を狙うので、特化させて打つべきです。
理由については4)でお伝えします。


4)スポンサープロダクトを打って売上をアップさせたい

→ただ、売上を上げるなら、ヘッドライン広告
スポンサープロダクトは上位表示に使う

売上を上げるだけなら、
露出をするだけなら、
ただ売るだけなら、
ヘッドライン広告の方が効果的です。
↓ヘッドライン広告とスポンサープロダクト広告の違い

スポンサープロダクト広告で売れると、
特定のキーワードについて、
自然検索で上位表示します。

ヘッドライン広告で売れても、
特定のキーワードについて
自然検索で上位表示されません。

この違いをしっかりと理解してください。


5)上位表示させたら勝手に売れる

→上位表示させても、
その販売数量が確保できないと、順位は落ちていきます。

Amazonの検索後の表示順位には
ルール(アルゴリズム)があります。

「検索したキーワードで平均的に販売した
約1週間の販売数量(平均的)が
ライバルよりも多ければ上位表示される」

つまり、検索順位1番が50個/週
販売していた場合、
自分は51個以上/週 平均的に販売しないと
検索順位1番にならないということです。

↓検索結果の商品一覧には実はあるルールがあります。(下記は例です。実際の販売数ではありません。)


6)売れる商品を売っていきたいどうしたら良いの?

→売れるキーワードに
スポンサー広告をかけ、上位表示させる

ご自身の商品には
売れるキーワードと売れないキーワードがあります。

売れるキーワードをみつけ、
それに特化してスポンサープロダクト広告を
打つことにより、
売れるようになります。

そして、スポンサープロダクト広告で
売れたキーワードは上位表示され、
1ページ目の上段にくると、
自然に売れてくるようになります。


最後に、、、

ベストセラーを取り、売れる場所に広告を打つと
売上が劇的にアップします。
(お客様の購入基準を満たす商品でないとだめですが)

商品を仕入れるだけでなく、
どのように魅せ、販売するか、という部分も
視野に入れ、売れない商品を売れる商品にしていきましょう。

売れない商品を売れる商品にする方法を知りたい方はこちら
↓↓↓

30,000位台の売れない商品を
3,000位台の売れる商品へ変える方法について
ご興味ある方はこちら↓
本気で売上アップをさせていきたい!という方向け。
↓↓↓
【最短8日で検索上位表示が可能! 
最新2018年AmazonSEO/PPC対策 特別個別相談会】

最後までお読みいただきありがとうございます。

※メルマガ登録をして、
スポンサープロダクト広告についての
詳しい情報を受け取りたい方はこちら↓↓↓


「起業・独立をしたい、自分で何かを始めたいけど、何をしたら良いかわからない」
昔、自分もそうでした。

そんな全く”0″から現在までの経験からこのメルマガでは起業・独立をしたい方、
自分で売上を上げる力をつけたい方に向けて、
有益な情報をわかりやすくお伝えできればと思います。

昔に比べ、今では情報が溢れ返っております。
「稼ぐ」とネットで検索すれば次から次へといろんなビジネスの紹介ページが出てきます。

情報がありふれ、余計に「何をしたらいいのかわからない」方に向け、
体系的にお伝えし、ぜひ実力をつけていただければ幸いです。

本気で現状を変えたい方、ぜひビジネスメルマガを登録してください。


*上記にお名前、メールアドレスを入力後、下記ボタンをクリック

 

また、ただいまラインに登録すると
①アマゾンマーケットの調査に関する具体的な手法動画1時間
②上位表示に必要不可欠なスーパーURLとは
の動画をプレゼントしています。


下記Line@から登録すると返信で動画URLが配られます。
友だち追加

 

役に立ったと思った方、是非下記クリックお願いします。

貿易ランキング

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*