1.3 Amazon スポンサー プロダクト クリック単価と広告費 ※広告を打つ前

この記事の対象の方

・これからAmazonスポンサープロダクト広告を打とうと思っている方。
・そもそも、広告って何?という方。

そもそも、Amazonスポンサープロダクト広告とは何でしょうか?
シンプルに言うと広告です。

広告、ということはお金ががかかります。
ただ、広告、というのは
お客様の見える位置に出すことができるので、
とても有効です。

その広告ですが、
特にPPC(スポンサープロダクト)をする上で欠かせない
クリック単価。
クリック単価は高い方がいいのか?
それとも安い方がいいのか?
そもそも広告とはなんぞや?

本日はこちらをテーマにお伝えします。

Amazonスポンサープロダクト「クリック単価」

①クリック単価とクリック
②クリック単価が安い方が良い?
③広告費にかけれる予算はどのくらい?
④忘れちゃいけない広告レポート


①クリック単価とクリック
AmazonPPC(スポンサープロダクト)を設定する上で
気になるポイントの一つが「クリック単価」
当然のごとく、クリック単価が高いほど、
クリック数に応じて広告費がアップします。

クリック単価 100円
クリック数 100回の場合

クリック単価100円×クリック数100回=1万円
という具合です。

クリック単価がもし200円となった場合、
クリック単価200円×クリック数100回=2万円
という計算となります。


②クリック単価が安い方が良い?
「クリック単価が安い方が良い」
この結果だけを見るとそう見えますが、
実際のところ、クリック単価はある程度かけた方が良い、
というのが僕の見解です。

というのも、ある程度のクリック単価を支払わなければ、
そもそも表示されないからです。

AmazonPPC(スポンサープロダクト)
クリック単価はオークション制なので、
高い金額を支払った方が広告表示されます。

なので、広告金額が少ないと
そもそも表示回数が少なくなる(インプレッションが取れない)
傾向があります。

ここで、そもそもなぜ広告を打とうと思ったのか?
を考えて見ます。

「商品を認知させ、売上に結びつけるため」
という方がほとんどだと思います。

ということは広告をするからには、
表示されなければいけません。

なので、表示されるために、
ある程度金額を支払うことは覚悟してください。
覚悟というか当たり前の話なのですが。


③広告費にかけれる予算はどのくらい?
さて、そうは言っても予算は決まっているので、
どのくらいの広告が適切か、という話なのですが、
まず、最初にご自身の広告費にかけれる予算を算出してください。

広告予算=販売価格
     -仕入
     -送料
     -Amazon手数料
     -諸経費
     -目標利益
で算出できます。

ここで広告費の予算を決めた後、
クリック単価の予算を決めます。

仮に10クリックで1個購入されると想定した場合、
予算500円/10クリックで
1クリック単価は50円となります。

ここである程度クリック単価を決めたら、
実際に広告を打ってみましょう。


④忘れちゃいけない広告レポート
最初は少ない予算でも良いので、
とにかく打って、広告レポートで確認する。

広告レポートを見て、
・インプレッション(表示回数)
・クリック数
・クリックスルー率(クリック数/インプレッション)
・ACOS(売上に対する広告費)
と言った数字を見て、数字から改善点を見つけ、
次へ活かす。

PDCAサイクルを回すことにより、
もっと費用対効果の良い広告が打てるようになります。


最後に、、、

以上、ざっくりとお伝えしましたが、
よくわからない方もいると思いますので、
PPCに関する動画をご紹介します。

こちらをご確認いただき、
PPC(スポンサープロダクト)
について理解を深めていただければ幸いです。

PPCに関する動画(1時間30分ぐらいの内容です。)

最後までお読みいただきありがとうございます。

※メルマガ登録をして、
スポンサープロダクト広告についての
詳しい情報を受け取りたい方はこちら↓↓↓


「起業・独立をしたい、自分で何かを始めたいけど、何をしたら良いかわからない」
昔、自分もそうでした。

そんな全く”0″から現在までの経験からこのメルマガでは起業・独立をしたい方、
自分で売上を上げる力をつけたい方に向けて、
有益な情報をわかりやすくお伝えできればと思います。

昔に比べ、今では情報が溢れ返っております。
「稼ぐ」とネットで検索すれば次から次へといろんなビジネスの紹介ページが出てきます。

情報がありふれ、余計に「何をしたらいいのかわからない」方に向け、
体系的にお伝えし、ぜひ実力をつけていただければ幸いです。

本気で現状を変えたい方、ぜひビジネスメルマガを登録してください。


*上記にお名前、メールアドレスを入力後、下記ボタンをクリック

 

また、ただいまラインに登録すると
①アマゾンマーケットの調査に関する具体的な手法動画1時間
②上位表示に必要不可欠なスーパーURLとは
の動画をプレゼントしています。


下記Line@から登録すると返信で動画URLが配られます。
友だち追加

 

役に立ったと思った方、是非下記クリックお願いします。

貿易ランキング

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*