3.2 Amazon スポンサー プロダクト 効果 の確認方法 広告レポートを活用しましょう。 ※広告設定の見直し

この記事の対象の方

・Amazonで広告を配信しているが、効果があるのかわからない
・広告レポートの活用方法を知り、もっとアマゾン広告を活用したい

Amazonの広告、スポンサープロダクト広告を配信しているけど、
効果があるかどうかイマイチわからない方へ、
ある程度広告を継続したら、
広告レポートをぜひ活用してください。
今後のキーワード設定に大きく役立ちます。

本当に広告レポートには、重要な手がかりが隠されています。
しかし、初めて見る方にとっては少し難しいようですね。
そこで、本日は広告レポートについてちょっと触れます。

広告レポートの活用方法

①まず、見るべきところは検索キーワード。
②除外すべきキーワードを設定する。
③見込みのあるキーワードをカタログに盛り込む


①まず、見るべきところは検索キーワード。

お客様が検索したキーワードは今後キーワード設定に大きく役立ちますので、
しっかりと見直すようにしてください。

レポートを見ていると、
・キーワードの中でよく検索されている語句、とそうじゃない語句
・インプレッションが多い語句とそうじゃない語句
・クリック数が多い語句とそうじゃない語句
・クリック率が高い語句とそうじゃない語句
・注文数が多い語句とそうじゃない語句
・コンバージョンが多い語句とそうじゃない語句
が色々出てくると思います。

これらは定期的にチェックするようにしてください。
検索キーワードは生き物なので、
この数字も少しずつ変わって来ます。

②除外すべきキーワードを設定する。

2)除外すべきキーワードを設定する。
検索される語句、クリックされる語句、購入される語句を見つける、
という行為は非常に大事ですが、
同じぐらい大事なこととして、
購入に繋がらない語句を除外キーワードとして設定することも非常に重要です。

無駄なクリックを避け、広告費の削減に繋げ、
見込みのあるキーワードに広告費を投入することが、
継続的に広告を打っていくために必要だからです。

異様にクリック率の低いもの、
ACOSが高すぎるものは注意しましょう。

③見込みのあるキーワードをカタログに盛り込む

見込みのあるキーワードが決まったら、
カタログに盛り込みましょう。

タイトルは変更しないほうが良いですが、
商品特徴には見込みあるキーワードを盛り込んでいきましょう。
ただし、お客様に読みやすく、混乱させないような文章で。


最後に、、、

簡単ですが、広告レポートについて触れました。
実際には広告レポートを実際にいじりながら設定していく必要があり、
とても一つの記事では語れないぐらいあるので、
このぐらいにしておきました。

気になる方については、セミナー等で詳しくお伝えしますので、
そちらに参加し、広告レポートを活用して行きましょう。

また、広告レポートってそもそもどこからダウンロードできるの?
といった質問も受け付けますので、お気軽にご連絡ください。

本日も最後までお読みいただきありがとうございます。


「起業・独立をしたい、自分で何かを始めたいけど、何をしたら良いかわからない」
昔、自分もそうでした。

そんな全く”0″から現在までの経験からこのメルマガでは起業・独立をしたい方、
自分で売上を上げる力をつけたい方に向けて、
有益な情報をわかりやすくお伝えできればと思います。

昔に比べ、今では情報が溢れ返っております。
「稼ぐ」とネットで検索すれば次から次へといろんなビジネスの紹介ページが出てきます。

情報がありふれ、余計に「何をしたらいいのかわからない」方に向け、
体系的にお伝えし、ぜひ実力をつけていただければ幸いです。

本気で現状を変えたい方、ぜひビジネスメルマガを登録してください。


*上記にお名前、メールアドレスを入力後、下記ボタンをクリック

 

また、ただいまラインに登録すると
①アマゾンマーケットの調査に関する具体的な手法動画1時間
②上位表示に必要不可欠なスーパーURLとは
の動画をプレゼントしています。


下記Line@から登録すると返信で動画URLが配られます。
友だち追加

 

役に立ったと思った方、是非下記クリックお願いします。

貿易ランキング

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*