レバーからのFX

昨日、セミナー終了後、
友人(水上さん)のおすすめで
美味しいレバーを食べに行きました。

とっても美味しかったです。
美味しいので、、、、
今日も行くのかな?

レバーを食べにいったとき
FXの上手(FXの講師でめちゃめちゃ上手い)方が
合流してFXのコツについて聞きました。

どうやらFXのコツは、
負けないことが一番重要だそうです。

おおおおお。
そうなんですよ。
そうなんですよ。
そうなんですよ。

僕も一番これをいいたい。

このFXの講師ですが、
見た目も話も面白すぎるので
重要なこと言わないタイプかと思っていたのですが
めちゃめちゃ共感できること
めちゃめちゃ奥の深いこと言ってるので
一瞬にしてファンになりました。笑

FXに関わらずビジネスって
負けないことが本当に重要で
負けた場合、負けた理由
勝てない理由を正しく分析する必要があります。

本当にたくさんの方が利益や
瞬間的な逆転を狙ったり
楽をして稼ごうとか
感情やなんとなくの理由で
ビジネスなどを進めてしまいます。

しかし、これが最終的には
コツコツ分析したり毎日努力をしている人には
勝てなくなってしまいます。汗。
なぜならコツコツやってる人は
いつか負けないことの重要性に気づくからです。

実は今一生懸命おしえているアマゾンPPCでも
同じなんですね。

広告も費用対効果があう(負けない)
設定があるにも関わらず
それをやりません。
というか、見つけようともしません。

例えば広告にはマッチタイプってあります。
・部分一致
・フレーズ一致
・完全一致
大抵の人は、このマッチタイプの種類や
動きは知っていますが、
このマッチタイプを使って
ロングテールを引き出す方法を知りません。
(負けないキーワード)

たとえば部分一致ですが
ほとんどの人がなんとなくでやっています。
なんとなくやっていれば
表示回数が増え売り上げアップに
つながるとおもっています。

ここで重要なことは「負け」の定義を作ります。
基本的には利益計算です。
利益計算でマイナスになったら、
部分一致では「負け」です。
*フレーズとかは、また別ですが。

で、負けてしまった場合、
プラスになる方法を考えます。

一番簡単な対策としては
入札単価を減らします。
入札単価を落とすと、
そのキーワードに関連した安いキーワードを
アマゾンが勝手に探してくれます。

しかも、そのキーワード、単価で
繰り返し表示してくれるようになります。
5円とかでクリックされるキーワードも
しっかり落ちています。
*こうやって書くと単価落とすだけがPPCになりそうで怖いのですが。

コンバージョンが高いキーワードについては
そこから派生するキーワードを拾い
部分一致で安くかけロングテールを作る。
そして部分一致と完全一致であれば
入札単価のバッティングを避けることが出来るので
メインは完全一致にして、ロングテール拾いのために
部分一致を使うこともありですね。

ちょっと話が難しくなってしまいましたが
この辺をもっともっと分かりやすく説明出来る資料を作成しています。
こちらを6月15日、16日で公開しますので
楽しみいしていてください。

では今日も良い日をお過ごしください。v

あと、
6月15日、16日に
1デイPPC有料ワークショップ行います。

役に立ったと思った方、是非下記クリックお願いします。

貿易ランキング

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*