AmazonSEOについてよく知りたいけど、実はあまりよくわかっていない方へ

「SEO」対策とは何でしょうか?
という部分について、もう少し噛み砕いてお伝えします。

まず「SEO」は何でしょうか?

ネットで調べると、
「Search engine optimization」とか、
「検索エンジン最適化」とか、
わかったようなわからないような言葉がよく出てきます。

ちょっと例を出しましょう。
例えば、あなたが青果店で「果物」を扱っているとしましょう。

「みかん」「ぶどう」「りんご」

仮にお客様が「みかん」を探していたとしましょう。

「みかん」くださいと言った時、
何を出しますか?

当然「みかん」ですよね?
ギャグで「ぶどう」とか出す人もいるかもですが。笑

この例はわかりやすいと思いますが、
じゃあ取り扱っている商品が
「みかんA」「みかんB」「みかんC」
の場合はいかがでしょうか?

同じみかん、同時に出せればいいのですが、
物事には優劣があり、
なかなか同じように出すことができません。

「みかん」だと差がわかりにくかもしれませんが、
「みかん 酸っぱい」はいかがでしょう。

「みかんC」が一番酸っぱいみかんであれば、
「みかんC」をお勧めしますよね。

いろんな解釈はあると思いますが、
「お客様が探しているところに適した形で、
自分の商品をお渡しする。」
これが「SEO」対策のイメージです。

そして個人的に、究極の「SEO」は
「戦わずして勝つための戦略」だと思っています。

「戦わずして勝つ」、どういうことか?

例えば、ダイエット商材を扱っている場合、
絶対に欲しいキーワードは「ダイエット」。

この言葉はめちゃめちゃ検索されているし、
需要もとても多いです。
しかもこの言葉は減ることがありません。

この検索キーワードで「SEO」対策をすること自体は誰でも可能です。
ただ、ここに参入するためには覚悟が必要です。
覚悟というのは時間をお金をかけるということです。

大企業であればお金も労力もかけれますが、
個人でやっている方、中小企業の方はそうはいきませんよね。

そこで出てくるのが「SEOに必要なマーケティング」です。
実は「SEO」対策で重要なことがこの部分なんですね。

まず、しっかりと「マーケット」を見て、
その中から適した形で商品を提供する。

これ、めっちゃ重要です。
マーケットをしっかり見極めてから商品を仕入れなければ、
いくら「SEO」対策をしても、いずれライバルが増え、
価格競争に巻き込まれます。

ここをしっかり理解してください。
「SEO」対策で重要なことは、マーケット調査であること、
そして、究極のSEOとは、「戦わずして勝つ」ということ。

本日も最後までお読みいただきありがとうございます。

役に立ったと思った方、是非下記クリックお願いします。

貿易ランキング

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*