アマゾンのトリッキーな裏話

アマゾンの広告でちょっとイタズラをしてみました。
スポンサード広告のオートで
全く同じ条件の広告を2つ設定し、
1日の上限を2000円
もう一つの1日の上限を1000円で設定しました。

結果、面白いことが分かりました。

なんと、2000円でかけた広告のクリック単価は
1000円でかけた広告のクリック単価の約2倍。
(メインキーワード)

アマゾンでは設定した金額を消化しようとする
傾向があるようです。

同じキーワードでも
表示されるところで単価も違いますし
出来る限り良いところで広告を表示してしまえば
やはり単価も高くなります。

ただし、すごいのは広告から販売された
販売数も同じだったのです。
やった意味がない。。。

と思うのですが、
実は、1つだけ決定的に違ったことがありました。

それは、非常に大切なこと、
コツがありますので、
次回の勉強会とか無料セミナーに参加いただいた方に
お伝えしますね。

あるいは、時間やゆとりがあったら、
検証してみてください。

ただ、同じキーワードで表示された場合
自分のアカウントの中で競合して
クリック単価を上げてしまう可能性があるため
余裕のあるときに挑戦することをオススメします。

余裕があるときに実践するのと実践しないとでは
後になって大きな差が出ます。

細かなことでも兎にかく実践。
検証してみて、仕事の詳細を知るって大事だと思います。

実践、検証していないのに
分かった気分になってしまうこと
よくあります。
なんとなく聞いて自分の経験、知識になった気分になること
僕もよくあります。

でも、本当に実践したことや
苦労して作り上げたこと
そういった仕事には細部まで目が届き
他の人に仕事を任せても、
どんな風に失敗がおき、
どんな風に成功するか手に取るように分かります。

だから、今、僕も
毎日やらなきゃいけない仕事やら
教育、データ整理など
何を優先していいか分からなくなるくらい
仕事が溜まってます。

でも、自分で実践することで
仕事の細部には神がやどり
小さな積み重ねが大きな結果につながると思い
まずは自分で実践することを心がけてます。

そして、自分から他人に任せるときは
本当に寂しいものです。
でも、それが「良い仕事」ってもんだと思ってます。

役に立ったと思った方、是非下記クリックお願いします。

貿易ランキング

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*