ブルーオーシャンの見つけ方

甘い市場にご興味ある方、多いですね。
(当然ですよね。)

もちろん甘い市場は一時的なものでしかなく、
いずれは甘くない市場になってしまいますが、
それでも甘い市場というのは存在します。

今日は甘い市場についての簡単な調べ方についてお伝えします。

1)まず、アマゾンを見て見ましょう。
アマゾンを見ると、本当にたくさんのカテゴリーが存在します。
また検索キーワードを入力するとたくさんの市場が存在します。

まず、カテゴリーの中でもライバルが弱いところ、
ベストセラーが狙いやすいところがありますので、
しっかりと見るようにしましょう。

ライバルが弱い
→まずSEO対策を行っていないところ、
PPC広告をあまり売っていないところ、
またはキーワード単価が少ないところ。

さらにいうと、1日の販売数量が少なかったり、
レビューが少なかったり、
販売金額が安すぎないところですね。

これらの要素をしっかりと確認すると、
SEOで上位に持っていける可能性も上がりますし、
カテゴリーによってはベストセラーが取りやすくなります。

2)そして、これだ!というカテゴリーを見つけたら、
その中で売れているものをチェック。

ライバルがどんな商品を売っているのか?
その商品はどんなキーワードで検索されているのか?
検索されたキーワードで出てくるライバルは
1日何個販売しているのか?

これらをしっかりと調べると、
実は同じ商品でも甘い市場とそうではない市場というのが存在します。

ここを結構怠る方がいるのですが、
大事です。
しっかり分析しましょう。

3)そしてある程度の目星がついたら、
検索ボリュームの確認を忘れずに。

検索キーワードって本当面白くて、
例えば「ブランド 女性」と
「女性 ブランド」では
検索ボリュームが違います。

参考 月間検索数
「ブランド 女性」1399
「女性 ブランド」6816

これだけだと判断は難しいですが、
女性 ブランドの方が検索数が多いので、
参入しやすそうですね。

細かく見ると、
「ブランド 女性」「女性 ブランド」では
属性が違うので、なんとも言えないのですが、
この辺りはまた別の機会で。

というように、実は商品を仕入れる前に、
アマゾンのマーケット分析を行っていると、
自分が勝てる市場が見つかり、
有利に進めることができますので、
非常にオススメですね。

本日も最後までお読みいただきありがとうございます。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*