食品を日本に輸入する場合

昨日も海外から食品を日本に入れたいと問い合わせがありました。
日本に食品を入れる場合、
日本語での成分表示、栄養素の一括表示、アレルギーなどの注意分が書かれた
ラベルが必要となります。
特にアレルギーとか反応があると大変です。
しっかり記載内容、注意事項は守ったほうがいいですね。
(ゴミのマーク、捨て方とかも記載するので結構面倒です。)

食品については保健所の相談センターに問い合わせると
確か色々教えてくれます。
でも、記載文言については
しっかり栄養士に問い合わせたうえで
相談センターにいかないと
何を言っているのかわからないので
しっかり専門家に問い合わせることをお勧めします。

海外の方の問い合わせの内容がすごいです。

「売れる?」
どうすればいいの?

すごく気兼ねなく問い合わせてきます。
僕の時間を凄く消化するのですが
勉強になることは、しっかり調べます。
でも、自分にとって有益ではないことは
丁寧にお断りさせてもらってます。

それは、時間がもったないからです。

今から10年以上前ですが
僕は、高田純二さんに憧れていました。
いい加減で、面白く
絶妙なタイミングで揚げ足を取ったり、
下ネタを言ったり、僕にとっては、理想の男性です。

そんな彼を尊敬して、全てをギャグにしている時代がありました。
とにかくギャグを言いまくってた時期がありました。

そのときは、転職とかして色々大変で
だいぶ心が擦れていました。
半分ヤケクソにギャグいってたのかもしれません。

ただ、ギャグばかりを言っていた僕が
一つだけ、ギャグに出来なかった言葉、
そして僕を救ってくれた言葉があります。

それは、
世の中一つだけ平等なことがある。
それは、時間です。

人種、性別、親、能力、外観、全て不平等で人は生まれてきます。
はっきり言って、全てが不平等に見えます。
でも、時間だけは全ての人に平等に与えられています。

その言葉を聞いて、今は、とにかく努力をして
とにかく10年後笑ってればいい。

そう思って、
そこから12年間、とにかく「時間」を大事に生きています。

今、自分が過ごしている時間は、どのような意味があるのか?
仕事をする時間なのか?
健康を気にしている時間なのか?
リラックスするための時間なのか?

全ての時間に意味を付け行動するようにしています。

12年前、僕は転職しました。
テニスインストラクターから
英語に関わる仕事に切り替えました。

転職して最初3年間、会社では「バカ」とよばれ、
とにかくお荷物でした。
でも、絶対時間を大事にすれば、
いつか結果が出ると信じとにかく継続してみました。

今は、経済産業相の専門家という立場になり、
英語だけでなく、海外の販路開拓や
海外からの仕事を請け負う立場です。

時間が大事ということ
生き方、考え方の重要度を理解した経験です。
この経験を忘れずに、これからも時間を大事にしたいと思います。

本気で頑張ってる1時間も
気楽に過ごしてる1時間も
時間は同じです。

1分1秒無駄な時間、無駄なことってないです。
時間を大事にしていきましょう。

役に立ったと思った方、是非下記クリックお願いします。

貿易ランキング

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*